AB型女性の性格と恋愛傾向

ミステリアスで謎が多いAB型の女性って不思議なオーラが出ていて魅力的に見えますよね。

AB型の女性と距離を縮めたいけれど、何を考えているのかわからないから、中々お近づくことができないなんて方も多いはず。

AB型女性の性格や恋愛の特徴を知って、コミュニケーションに役立ててみてください。

AB型女性の性格の特徴

1. 冷静沈着だけど情熱を秘めている

物事を多角的にとらえて冷静に分析することが得意。頭の回転が速く、いつでも客観性を持ち合わせているので、トラブルが起きても動じることなく淡々としています。そのため冷たい印象を持たれがちですが、実は情熱的な一面も。クールと見せかけて、熱い心の持ち主なんです。

2. 根が真面目で常識を重んじる

自由奔放に見られることもありますが、根は真面目。常識やルールを大事にし、強い正義感や倫理観を持っています。間違った考えや不正は見逃せず、ハッキリと注意することもありますし、言わなかったとしても内心はイライラが募っているでしょう。もちろん小さな嘘やごまかしも許せません。

3. なんでも器用にこなせる天才肌

多趣味ということもあり知識が豊富なAB型女子ですが、そもそも非常に頭がよく器用。普通の人が1理解する時間で10理解する能力があり、物事の同時進行も得意です。それほど努力しなくても大抵のことはソツなくこなせてしまう天才肌なんです。

4. 好奇心旺盛で多趣味

様々なことに興味を持つ好奇心旺盛なタイプです。未知の分野でもとりあえずトライしてみたり、知らないことに関して貪欲に知識を吸収するのがAB型女子の特徴。そのため趣味が多岐に渡り、多彩な才能の持ち主となっています。会話も豊富なので人脈を形成することが得意で、仕事に繋がることもあるでしょう。

5. プライドがかなり高め

自意識が強く、完璧な自分を目指す努力を惜しみません。自分のポリシーやこだわりがあるので、考えや行動を否定されることを嫌います。他人に弱みを見せたがらず、本音を話すことはなかなかないのですが、傷つくことを避けるためにこのような態度になっているとも言えます。

6. 気分がコロコロ変わる

感情の起伏が激しく、テンション高く喋っていると思ったら急に黙り込んだりと、態度がコロコロ変わることが「気分屋」「不思議ちゃん」だと言われる要因。しかし悪気はなく、自分でもなぜこうなるのかわかっていません。本人にも他人にも掴めないのがAB型女子!

7. 人当たりはいいが仲良くなると冷たい

誰に対しても平等に接し、コミュニケーション能力も高いため、人当たりはバツグン。洞察力に優れていて、相手の性格やベストな接し方を瞬時に見極めることができるので、ビジネスライクな関係の構築は得意。しかし仲の良い人には冷たく、ずけずけとひどいことを言うことも。でも、これが信頼関係の証でもあります。

8. なかなか心を開かない

警戒心が強いので人に対して壁を作りがちで、「信頼しても良い人」だと見極めるまでなかなか心を開きません。そんな心の中に土足で入り込んでくるような無神経な人は大の苦手で、余計に壁が厚くなります。ただし直感で「仲良くなれそう」と感じた人とはすぐに打ち解けることも。

9. 自立心が強い

他人に依存することのない自立した性格をしています。人に頼ったり甘えたりすることが好きではなく、基本的には自己完結型。ただし人から頼られるのは大好きなので、かなり張り切ってサポートします。精神的にも経済的にも自立しており、ひとりで生きていく能力が備わっているでしょう。

10. 自己表現が苦手

AB型女子は秘密主義で自分のことはあまり話しません。繊細なハートの持ち主であり、否定されるのを怖れるあまり、なかなか自分をさらけ出せないのです。褒められても素直になれなかったり、傷ついても平常心を装うといったところもあります。このような部分から、ミステリアスな人だと思われることもしばしば。

AB型女性の恋愛の特徴

1.恋愛には慎重

警戒心の高さは恋愛だとより一層強くなり、とても慎重になります。「好きかも」と思っても自分の気持ちはバレないように振る舞いながら、相手のことを徹底的にリサーチしてふさわしい男なのか見極めるでしょう。好きな人にアプローチされても、興味のないフリをするのも特徴です。

2. 穏やかな恋愛を好む

争い事が苦手な平和主義な性格なので、恋愛でも穏やかさを求めます。略奪愛や不倫などはもってのほか。落ち着いていて包容力があり、感情的にならない異性となら相性◎。ケンカになった際も、AB型女子は淡々と原因を解決するタイプなので、カッとなったり逆ギレするような人には引いてしまいます。

3. 理想が高い

妥協して恋愛したくない!と思っている節があるため、恋人を選ぶ目は厳しいところが。そんな人はいないとわかっていながらも、外見・地位・経済力など、全部が理想通りの人を追い求めてしまいます。いくらアプローチされても、ある程度の基準に達していないとお付き合いしないので、彼氏いない歴が長いこともよくあること。

4. ストレートな愛情表現に弱い

自己表現が苦手な分、相手からのストレートな愛情表現にはめっぽう弱いAB型女子。「好き」とハッキリ言ってくれる人を好みます。特に気に留めていなかった異性でも、情熱的な告白をされるとコロッといってしまうことも。反対に、まわりくどい誘われ方をすると一気に冷めてしまいます。

5. 恋をすると途端に乙女に

実はとても純粋でロマンチストな一面があるAB型女子。少女マンガやドラマのような恋愛に憧れているので、普段は冷静でも恋をすると乙女心が上回り、好きな相手とのあらゆる妄想を楽しむ…なんてことも。一方で、彼氏に対して思い通りにいかなかったりすると、冷めてしまうこともありえます。

6. ツンデレだけど、付き合うとデレデレに

基本的にはツンデレどころか、ツンツンツンデレ…ぐらいの素っ気なさですが、付き合って相手にハマると一変。ツンツンの鎧を徐々に脱ぎ始め、彼氏にしか見せない顔や甘えた姿を出すように。デレデレな部分を「かわいい♡」と言ってもらえると、安心してどんどんデレデレな自分を出せるようになります。

7. 気持ちを伝えるのが下手

素直になれず、恥ずかしがり屋な一面もあることから、上手く気持ちを伝えることができません。「好き」「会いたい」なんて言葉は最も恥ずかしいのでなかなか言えず、言えたとしても素っ気なくなってしまい、誤解されがち。本人としては超頑張っている小さな愛情表現を、逃さないようキャッチしてくれる異性であれば上手くいきます。

8. 束縛や詮索されるのはNG

自由を愛するAB型女子は、たとえ彼氏であっても自分の時間を邪魔されるのはとってもストレス。束縛・干渉・詮索などはするのもされるのも苦手なので、程よい距離感で付き合いたいと思っています。「どこにいるの?」「何してるの?」と質問ばかりされるのは、鬱陶しくて仕方ないのです。

9. 駆け引き上手

優しいかと思ったら急にツンとしたり、AB型女子特有のマイペースで気分屋な部分が、「ミステリアスで何を考えているかわからない」と異性を虜にしてしまうようです。こういった部分は無意識ですが、本能的にモテる術も知っているので、異性には困らないでしょう。

10.複雑な自分を丸ごと受け止めてくれる人が好き

AB型女子は自分でも理解に苦しむことがあるほど、内面には複雑なものを抱えています。「会いたいのに、言えない…」「干渉されたくないけど、かまってほしい…」そんな繊細な気持ちに気づいてくれる人が好き。広い心で包み込んでくれる男性こそが、理想のタイプなのです。

まとめ

頭が良く天才肌のAB型ですが、恋愛に関しては愛情表現が苦手だったり好き避けしたり、不器用なところがあります。

あまり本音を言わないのでミステリアスに見えますが、その不器用さを理解してくれる相手とは良好な関係を築けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です